商品情報にスキップ
1 7

microfactory

TTi-FAN 718 SE|チタン扇子(小型)

TTi-FAN 718 SE|チタン扇子(小型)

通常価格 ¥39,800 JPY
通常価格 ¥59,800 JPY セール価格 ¥39,800 JPY
セール 売り切れ
税込
扇面

 

TTi-FAN 718 SE(Silk Edition)

香港のデザインチームTimaze(タイメイズ)から、チタンボディとシルク扇面の組み合わせが美しいTTi-FAN 718 SE (Silk Edition)」が登場です。


前作の「TTi-FAN 718 SE」からのマイナーチェンジでよりスタイリッシュに。グレード5のチタンより鋳造した扇子で、強度・耐食性などが特徴。

扇子の枠組みだけでなく、要の部分などの細かいパーツにも惜しみなくチタン素材を使用することで、質感の良い、プレミアムな製品に仕上げました。


◇ ABOUT US ◇



TIMAZEでは、耐久性と軽量さ、他の金属と比べても人体に害が少なく金属アレルギーが起きにくいというチタン素材の素晴らしさに惚れ込み、チタン製プロダクトを中心に開発を行っています。

斬新な発想と職人技を融合させ、文房具を中心に、さまざまなプロダクトを展開しています。


理想的な金属とも言われるチタン。

それは、軽く、強く、錆びにくいといった特長があるから。

錆びにくいと言われているステンレスよりも錆に強く、航空機などの航空宇宙産業にも採用されるほど。

他の金属と比べて金属アレルギーが起きにくいことから、最近では常に肌に触れる腕時計の素材として、国内外のメーカーで注目されています。細菌の繁殖を防ぐ天然の抗菌性もあり、インプラントの人工歯根に使用されるなど、医療分野でも活躍している素材です。

また、ステンレスやアルミニウムに比べて比強度が高いため、同じ強度の物を作る場合には、チタンはステンレスやアルミニウムよりも軽くできるのです。

写真は旧作v1

チタン素材は、1kgあたりの価格でみると、ステンレスの10倍にも達することもあります。

実は、地球単位で考えるとそこまで珍しくない素材。チタン原料の埋蔵量は金属のなかで4〜5番目に多いとされています。

そんなチタンを採用した製品が高価格帯なのは、他の金属ほど簡単に扱えないから

原料をチタン素材として実際に使えるようにするのが難しく、かなり手間もかかります。さらに、加工にも高い技術が要求されるため、安価に提供するのが難しい素材です。

「TTi-FAN 718 SE」は、そんなチタンを細く精密に加工し、扇子の骨組みや細かなパーツにまで、ふんだんに採用した高級扇子です。

左:旧作V1/右:新作V2

チタン扇子「TTi-FAN 718 SE」の開発には難しい点もありました。これまでにチタン素材の扇子は例がなかったため、製造プロセスやそのデザインについて十分に時間を取って研究を重ねる必要があったのです。

2015年に着手した「TTi-FAN 918」の開発は2018年にコンプリート。1年後の2019年に、小型バージョン・日本由来の扇子サイズに近い「TTi-FAN 718」が開発されました。

その後、さらなる高級さとブランドフィロソフィーを体現するため、オプションだったシルク扇面を標準装備にアップデートした、SE(Silk Edition)を発売。

そして今回、持ち手のデザインをシャープにしたSE V2が登場。閉じた時の佇まいがよりスタイリッシュで美しくなりました。 


写真は旧作v1

写真は旧作v1

扇子のメインボディともいえる親骨は、触り心地の良さに大きな影響を与えます。

使用する際の持ち手部分は、伝統的な中国扇子から着想を得て、熟考された設計となっています。

科学的な分析と試験を繰り返し、各先端部分は滑らかにカーブしています。

そのため角ばった部分をなくし持ち心地も良好。開閉の際のストレスがないように設計されています。

「TTi-FAN 718 SE」の中骨部分には、前作同様1mmサイズに加工したグレード5チタンを使用。
細さと、チタン素材の強みである耐久性を兼ね備えています 。 

中骨先端は、0.5mmほどの細さになり、そのデザインは美的感覚と使用体験を高めるために採用されています。

チタンの特性を生かし、剛性を保ちながらしなやかさがあるのが特徴です。


ネイル(要)は「扇の要」と言われるように扇子で最も重要なパーツですが、負荷がかかることで壊れる要因にもなりやすい部分です。

ここでも耐久度を高めるため、惜しみなくチタンが使用されています

扇子の開閉の際には要の部分がシャフト(回転軸)の働きをします。

スムーズな開閉をサポートするため、このネイルは完璧に扇子にフィットするようにデザインされています。



このガスケットは、従来の扇子では使用されていないパーツです。

ガスケットとは、継ぎ目を強化して構造物の気密性を高めるために用いられる固定用シール材です。この若干0.23mmのパーツが親骨を内側からサポートすることで、強度を高めています。

製品を見た時には直接見ることのできない部分ですが、そんな細部にこそこだわって製品設計を行っています。

チタン製の要とガスケット



扇面にはシルク素材が採用されています。

シルク単体だと柔らかく強度や送風性能に不安があるため、薄い紙素材をシルク扇面のなかに挟むことで、シルクの美しい質感のまま強度も向上させています。


シルクは人間の皮膚と同じタンパク質から構成されていているため、"第二の肌"と言われるほど人間の肌と相性の良い素材。また、天然繊維のため、静電気が起こりにくくチリや埃を寄せ付けることがありません

旧モデルの高級和紙素材に比べると光沢があり、金属であるチタンと高級感のあるシルクの組み合わせは美しく、上品な印象を与えてくれます。

今回、シルク扇面は「無地」と「金塗」の2パターンをご用意。

*オプションで選択いただけます。

詳細を表示する